MENU

医療事務経験者が語る ”資格取得から仕事まで”

資格ブームが続いていますが、その中でも不動の人気を誇っているのが「医療事務資格」です。
通信教育講座でテレビなどでも有名なユーキャンでも、人気NO.1はダントツで医療事務の通信講座だそうです。

 

でも、実際には、

  • 医療事務って、実際にどんな仕事をするのか?
  • 就職はしやすいのか、給料はどれだけもらえるのか、長く働けるのか?
  • 医療事務資格を取るのは難しい?勉強期間はどれくらい?
  • 医療事務の資格は種類がいっぱいあると聞いたけど、どの資格がオススメか?

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

私は医療事務の現場で10年ほど経験を積んできました。

 

その経験から、実際に印象に残った仕事の体験談、勤務時間や残業・休日出勤のこと、求められる適性、医療事務資格の種類や勉強方法など、特に医療現場の未経験者が疑問を持ちやすいテーマを取り上げてこのサイトでご紹介できればと思っています。

 

そして少しでも、「医療事務という仕事や資格」のイメージをつかんでいただければと思います。

「医療事務」って実際のところどうなの?

私自身、医療事務ってやりがいのある仕事だと実感しています。

 

病院やクリニックで受付・会計等の事務的な仕事を任されているのが医療事務の仕事。
多くの人って、初めて行く病院ってドキドキするんじゃないでしょうか?
何事も第一印象が大事だと言いますが、病院に入った時に最初に接するのが受付・そして最後に接するのは会計、つまり医療事務です。医療事務はいわば病院の顔とも言えますから、来ていただいた方が安心していただけるようにいつも心がけています。

 

医療事務の資格があれば問題解決?

勉強を始めて各団体の資格試験に合格すれば資格取得となります。
しかし資格をもっているから必ず就職できるとは限りませんよ。
病院側は即戦力を求めていますので、いくら資格をもっていたとしても医療事務経験者のほうが優先される事も多いです。

 

でも、資格があるのとないのとではやはり相手に与える印象も大違い!

 

実際に医療事務として働いていると、資格をもっている人もいない人も医療事務として採用されてくる事がよくあります。
でも、私の勝手な印象ですけど、資格を持っている人はある程度の知識があるのですんなりと仕事に慣れていきます。
一方資格の持っていない人は、ゼロからのスタートとなるので慣れるまではかなり大変そう・・。
というのが現場で働いている者の見方ですね。

どんな資格スクールがおススメなのか?

では医療事務にはどうすればなれるのでしょうか?

 

一口に医療事務と言っても、
実は「医療事務検定試験」「医療事務管理士」「医療秘書技能検定試験」「診療報酬請求事務能力認定試験」など医療事務に関する資格は沢山あるんですよ。

 

それぞれ協会や団体が違うので、どの資格に挑戦するかはご自身で資料請求をしたり情報を集めて、通学にするのか・通信にするのかといったことも調べて、自分にあった講座を見つけ受講することをおすすめします。

 

私は、実際に医療事務の資格スクールに資料請求して、
医療事務経験者の私から見て、どの資格スクール講座のどんな点がオススメなのか、お得な情報をゲットできるのはどこのスクールかなどもご紹介していますよ。お楽しみに。

 

また、

  • 同じ医療事務で働く仲間から聞いたほかの病院の現状
  • 病院を利用する方々から聞いた病院での出来事

こんなことなんかも伝えていければいいなと思っています。あなたの進路選択の一助になれば幸いです。

私の医療事務資格 取得体験談

手軽に勉強できる通信講座、短期間で取れる通学講座、じっくりと学び自分のものにする各種学校など資格の取り方にはいろいろな方法がありますね。

 

ちなみに医療事務として長年勤務している私の場合は専門学校の医療秘書科で2年間学びました。

 

2年コースだったので、コンピューターや医療秘書・薬剤学・臨床検査学など医療事務以外の事もたくさん学びましたね。

 

その頃は今みたいに試験もたくさんあるわけではなかったのですが、医療秘書技能検定2級を取得し、就職時には医療事務の資格を持っていると言う事で採用されました。

 

同時期に採用されて就職したメンバーが他に3人いたのですが、同じように専門学校で医療事務資格をとった人・病院勤務していたが資格をもっておらず介護助手をしていた人・ニチイの通学講座で資格をとった人の3人でした。

 

いざ働いてみると、現場でしかわからない事もたくさんでてきます。
コンピューターも学びましたが、病院によって使っているパソコンは異なってくるので習った時のように・・と言う訳にはいきません。

 

また診療科によっては行う検査も違えば処置も手術も違います。

 

私の場合は眼科だったので、聞いた事がないような手術名や検査名に最初は苦労しました。
正直言って、医療事務の資格をもっていてもいなくてもあまり変わらないのでは・・・と思った時もありました。

 

でもやはり資格の差はありました!

 

受付・会計をしている分には差はないのですが、レセプトになると資格のない方はかなりつまづいていましたね。
レセプトの並べ方・チェック・労災の扱いなど学んでいる人と学んでいない人の差はやはり大きかったです。

 

実際に学校では学んでいない事なども医療事務の現場ではたくさん出てきます。

こればかりは経験を重ねていくしか身につける方法はありません。

 

ただやはり基本的な事がわかっているのといないのとでは大違いです。
今振り返って考えてみても、この医療事務の資格というのは、絶対的ではないけれど医療事務として病院で働きたいのなら是非取っておくべき資格だといえますね。

医療事務の資格を取りたい!と思っている人はたくさんいると思います。

 

 

一括資料請求が大変便利です

一括資料請求サイトのよい点は、なんといっても1回だけの入力で複数のスクールに資料請求できること。
また、医療事務の通信講座の費用が一目瞭然でわかるのも嬉しい点です。
一括資料請求はこちらから。↓

yajirusi
まずは、→医療事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

顔


この中の「通信講座」をクリックすると、医療事務の通信講座の一覧が出てきます。
請求できるスクールは、
・ニチイ、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミー、資格の大原の5校です。
各講座の費用もすぐ比較できます。

yajirusi
あとは、下の画面から自分の住所などの情報を一度入力すれば、医療事務講座6校の講座資料が一度に請求できます。

資料請求


こちらからどうぞ→医療事務 一括資料請求