医療事務 仕事 現状

MENU

医療事務の仕事の現状

年齢を問わず女性から人気の医療事務ですが、その現状は意外にも皆さんが思っているよりハードです。

 

実際に私も10年以上医療事務として働いてきて、学校卒の若い女性・転職組の女性・結婚して子供もいる女性などなど新しい医療事務の人が年齢も幅広く何人も入ってきました。

 

その人達が声をそろえて言った言葉が、

 

  • 「思ってたより仕事も多くてハードなんですね」
  • 「もっと楽な仕事なのかと思ってた」

 

という言葉です。
病院の受付や会計だけというイメージがやはり強いのでしょうね。

 

規模の大きな総合病院などは事務仕事も細分化されているので、1人1人の仕事の担当は決められている事が多いのですが、個人病院の場合は医療事務が事務以外の病院雑務を行う事も多く、仕事量はどうしても多くなります。

 

それこそ受付・会計に始まり、掃除から検査室への案内、業者への対応・看護師・医師との架け橋など様々な業務があります。

 

歯科などの診療科によっては歯科助手などの診察補助も仕事になってくる事もあります。
まさに病院内のマルチプレーヤーと言っても過言ではないかもしれませんね。

 

しかし仕事量が多くても人気の職種であるには間違いありません。

 

なぜ仕事量が多いのに人気なのでしょうか?

 

医療事務は一度資格を取ってしまえば一生使えます。
保険計算の点数などは変わる事がありますが、計算方法などの基本的な所は変わりません。

 

医療事務の経験があれば、結婚・出産・育児とブランクがあっても以前の経験が有利になり就職しやすくなります。

 

結婚や子供がいるというのは女性の求職者にとってはネックとなり、なかなか採用されにいというのが現状です。

 

しかし医療事務はパート・派遣・契約社員などの勤務体系もあり子供がいる女性でも働きやすく、総合病院・個人クリニックなど医療事務を募集している医療機関ならどこでも働けるので職を探す選択肢も増え活躍できる場が広がるというのも医療事務人気の理由でしょう。

 

医療事務は働きがいがあり、女性に優しい職種と言えますね。

 

医療事務スタッフによる会計

医療事務のスタッフとして採用されると、会計業務を行うことになります。
この業務においては、医療事務ならではの計算スキルが求められる分野です。

 

では、会計の業務とは、一体どのような業務なのかについて見てみることにしましょう。

 

患者さんは診療を受けたり、あるいは投薬を受けることによって、診療費が発生します。
もちろん、診療も投薬も患者さんによって内容が異なるので、会計の際にいくらの診療費が請求されるのかについても、患者さん次第で異なってきます。

 

会計の際は、受けた治療や投薬などの内容を、すべて点数化します。

 

どの内容に対しても、何点になるのかは病院であらかじめ決められているので、この点については特に心配は要りません。
入職してから職場の先輩や医師の方たちが教えてくださいます。

 

 

すべての項目の点数を出した後、その点数をお金に換算します。
この際に、患者さんが自己負担をする割合が何割なのかによって、請求金額が異なってきます。

 

同じ点数でも、1割負担の人と3割負担の人とでは、最終的に支払う金額は異なってくるのです。
もちろん、負担割合についても、患者さんごとに確認しておかないといけません。

 

会計の際は、いかなる場合でも金銭が絡んでくることには変わりありません。

 

だからこそ、計算間違いのないように、正確に行われないといけません。

 

もし計算が少しでも違っていると、後でクレームにもなりかねないので、注意深く行うことが大切と言っても良いぐらいです。

医療事務の中心であるレセプト

医療事務の業務は、それこそ多岐に渡るものですが、中でもその中核に該当すると言って良いのが、

 

レセプト業務
 
です。

 

この業務は、患者さん1人1人の診断の内容とそれにかかった料金について書類に記入します。

 

そして、1ヶ月間に対応したすべての患者さんの診断内容について記載が終わったら、医療関係機関に用紙を提出するという業務です。

 

 

ここでは、レセプト業務にはどんな特徴があるのかについてお話します。

 

レセプト業務では、1人の患者さんに対して1枚のペーパーに情報を記すという決まりがあります。
そのため、1ヶ月間という単位で考えれば、それだけペーパーの量も多くなることは、容易に予想がつきます。

 

 

そして、診療を行った次の月の10日までに、記入した書類を提出しないといけません。

 

 

例えばですが、9月1日から9月30日まで診療した分については、10月10日までに提出するのです。
そのため、毎月末から次の月の始まりまでは、レセプト業務に集中する期間になると考えた方が良いでしょう。

 

今ではレセプトのためのソフトも出ているので、医療事務の担当者が難しい計算をしないといけないということはありません。

 

しかし、既に入力した内容が本当に正しいかどうかについては、提出前にきちんと確認しておく必要があります。

 

 

レセプト業務については、絶対にミスがあってはいけないので慎重に行うのはもちろん、提出期限に間に合うように迅速に行っていくことが常に求められます。

入院患者への対応

患者さんを対応する場合は、単に診療のために来院した患者さんのみに対して行えば良いというわけではありません。

 

患者さんの中には、入院を余儀なくされる人も居ます。
そうなると、入院患者に対してどれだけ対応できるかについても、医療事務の仕事内容について考える際には大切になるのです。

 

 

では、入院患者への対応ですが、一体どのように対応していくことになるのでしょうか。

 

 

これについては、単に業務として入院患者と向き合うという意味ではありません。

 

入院患者に対して気を配ることによって、安心して入院できる環境を作ることが最も大切なのです。

 

入院中の患者さんの気持ちに立って考えてみれば、何かと不安に駆られていることが想像できることでしょう。

 

 

例えばですが、

 

「病気がきちんと完治するのか」

 

とか

 

「手術は痛くないか」

 

といった心配事が頭の中をよぎってしまうことも多々あるのです。

 

 

こんな時、患者さんからすれば、温かい言葉をかけてもらえると、何かと安心するものです。

 

 

入院患者に対応するためには、単に患者さんに話しかければ良いというものでもありません。

 

患者さんがどのような気持ちになっているのかを自ら察し、その上で

 

「患者さんがどんなことをしてもらえれば、心から喜んでもらえるのか」

 

について自分で考えてみるのです。

 

このような思考や行動を心がけていくことによって、本当の意味で患者さんから喜ばれる存在になります。

 

間違っても、機械的な対応をするのだけは良くありません。

一括資料請求が大変便利です

一括資料請求サイトのよい点は、なんといっても1回だけの入力で複数のスクールに資料請求できること。
また、医療事務の通信講座の費用が一目瞭然でわかるのも嬉しい点です。
一括資料請求はこちらから。↓

yajirusi
まずは、→医療事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

顔


この中の「通信講座」をクリックすると、医療事務の通信講座の一覧が出てきます。
請求できるスクールは、
・ニチイ、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミー、資格の大原の5校です。
各講座の費用もすぐ比較できます。

yajirusi
あとは、下の画面から自分の住所などの情報を一度入力すれば、医療事務講座6校の講座資料が一度に請求できます。

資料請求


こちらからどうぞ→医療事務 一括資料請求



関連ページ

医療事務 将来性
人気の医療事務の将来性は?高齢化社会に伴い医療事務が活躍する場も増えています
なぜこの仕事をめざしたか?
医療事務を目指した理由を知る事でもっと医療事務の事がよくわかるようになります!
医療事務の就職は難しいか?
人気の医療事務。資格を取っても本当に就職できるの?その疑問にお答えします
医療事務は高収入か?
医療事務の給料は安い?高い?でもとてもやりがいのある仕事です
医療事務のイメージ
皆の持っている医療事務のイメージははずれている事が多い!?経験者が現場を語ります
医療職場での役割
医療事務の役割はたくさん!病院を陰で支えているのも医療事務といえますね
医療事務の実態
実際の医療事務の現場はどうなの?医療事務経験者が実態を語ります
医療事務の仕事の魅力
医療事務の魅力を分析!医療事務は女性に優しい仕事です!
医療事務員に求められる能力
人と接する機会が多い医療事務。求められるのはコミュニケーション能力です
実務経験があると就職に有利か?
医療事務は実務経験があると有利なのか?実際の募集要項にみられる実務年数について
医療の事務員を長年続けてきたわけ
医療事務の仕事を、長年続けてこられたのは「仕事のしやすさ」と「安定感」につきます。
医療事務 採用試験への対策
医療事務の求人の見つけ方から面接・応募書類の作り方まで